「増田足」開発者 増田徳太郎 「増田足」開発者 増田徳太郎 「増田足」開発者 増田徳太郎

増田徳太郎 ―その足跡と投資家へのメッセージ―

70歳で増田経済研究所を立ち上げ、一代でチャートソフト「増田足」を開発した増田徳太郎。
その特許件数は日米合わせて10件におよび、数多くの個人投資家が投資の羅針盤として利用しています。
2013年5月に86歳で生涯を閉じた徳太郎は、「傷ついた個人投資家を救いたい」との一念で生涯現役を貫きました。
このサイトでは、すさまじいまでの情熱でチャートソフトの開発に取り組んだ増田徳太郎を偲ぶとともに、
長年の研究で導き出した投資に対する考え方などをご紹介したいと思います。

更新情報

2014.11.12
相場哲学(第5章)」、「相場哲学(第6章)」、「相場哲学(第7章)」を更新しました。
2014.1.21
相場哲学(第4章)」を更新しました。
2013.11.19
相場哲学(第3章)」を更新しました。
2013.11.01
相場哲学(第2章)」を更新しました。
2013.10.15
ご挨拶」、「アルバム」、「動画」、「金言集」、
相場哲学(第1章)」、「エピソード」を更新しました。
2013.10.15
「増田足」開発者 増田徳太郎 メモリアルページを公開しました。

増田徳太郎 プロフィール

1926(大正15)年
8月14日、神奈川県横浜市に生まれる。
1950(昭和25)年
立教大学経済学部卒業後、芝浦ユナイテッドに入社。
1967(昭和42)年
芝浦ユナイテッドが石川島播磨重工業(現IHI)と合併、
環境事業部の営業部長などを歴任する。
1985(昭和60)年
石川島播磨重工業を定年退職。
株式投資とチャートの研究を本格的に開始する。
1993(平成5)年
「増田足チャート」を考案し、投資の実践と研究に邁進する。
1998(平成10)年
11月、増田経済研究所を設立。
2000(平成12)年
株式チャートソフト『増田足』を発売。
2002(平成14)年
10月、「バリューサイン」にて特許第3356753号を取得。
2004(平成16)年
2月、「増田影足」にて特許第3521194号を取得。
4月、株式チャートソフト『NEW増田足』をリリース。
2007(平成19)年
7月、「増田レシオ」にて特許第3981387号を取得。
2008(平成20)年
7月、「増田影足」にて米国特許USP7401038を取得。
2009(平成21)年
3月、デイトレにも対応できる『楽らく四次元増田足』を公開。
6月、自著『下げ相場でも儲けられる「増田足チャート」
必勝法』(実業之日本社)を刊行。
同月、「四次元・中期足」にて特許第4331229号を取得。
8月、「キュービック&6色パターン検索」にて
特許第4361038号を取得。
11月、「増田レシオ」にて米国特許USP7620582を特許。
2010(平成22)年
3月、買いナビ、売りナビ機能を搭載した『楽らく四次元
増田足2』にバージョンアップ。
4月、自著『日経225「ミニ先物」で月に30万円以上儲ける!』(実業之日本社)を刊行。
12月、「四次元・短長期足」にて特許第4653843号を取得。
2011(平成23)年
2月、リアルタイムでチャートが分かる「日刊チャート新聞」を創刊。発行人に就任。
6月、売買判断等の投資相談にリアルタイムで答える「テレビ
Q&A」(ネットテレビ)の放送を開始。
2012(平成24)年
3月、「キュービック」にて特許第4944168号を取得。
5月、『楽らく四次元増田足3』にバージョンアップ。
10月、ミニ先物の売買サイン、通知システムサービスを開始
(日足・30分足)。
12月、「6色帯」にて特許第5033165号を取得。
2013(平成25)年
5月5日、死去する前日まで仕事を続けるが体調急変。
帰らぬ人となる。享年86。
6月、「四次元足」にて米国特許USP8463685を取得。
  • アルバム
    アルバム

    学生時代から晩年まで、なつかしい写真の数々
  • 動画
    動画

    分かりやすい解説、ほとばしる情熱を今一度
  • 金言集
    金言集

    一つの道をきわめた者ならではの珠玉の言葉とは?
  • 相場哲学
    相場哲学

    「欲にも気分にも左右されない投資」の極意がここにある
  • エピソード
    エピソード

    関係者が語る増田先生との思い出